マクロビオティックで自己探求の旅


by macorolovelove003

毎日の便り

毎日便りがありますか?

マクロビオティックは日々の暮らし・・・と、
伝えておりますが。

毎日の便りが基本にあります。

毎日、何時ぐらいにどれぐらいの便りがあるか?と、
ご質問させていただきます。
その便りで、体調を判断します。

女性は、毎日便りがない。と、言われる方が多いです。
その昔、マクロビオティックを始める前に、
私もそのような体調であったかと、思います。

便りがないと寂しくて、悲しい気持ちになります。
それが、「五情」といって、便りに関係した感情の部分です。

その便りがほしいがために、薬を飲んでいる方も多いのでしょう。
薬への依存心を作り出します。
これは、薬だけではなく、時には人へも依存心を招き。
アルコールやチョコレートなどへも結びつく気持ちを作るのです。

毎日の便りは、自らの力で送りださなければいけません。

陰陽のバランスで、便りの形や色も変わります。
よく、見てください(笑

本日の便りがどうであったか?に、よって。
心地よく過ごせているか?が、決まります。

便りがないことで負担がかかると人は気を悪くします。
食・動・息の中で、息の部分が「気」になります。
気が失われると「病「」が近寄ります。
その病を手放せないと「シコリ」になるのです。

心地よい便りを送るために、少し。
ご自身を労わってみましょう。

マクロビオティックは難しいものでも面倒なものでもありません。
陰陽のバランスを考えてみるものです。

左右のバランスが悪いと人は立つことが困難になります。
陰陽は、その考えと同じようなことです。

びおらぶで、マクロビオティック「食」を見直してみませんか?
by macorolovelove003 | 2010-01-15 12:15 | 体質と体調