マクロビオティックで自己探求の旅


by macorolovelove003

カテゴリ:愛犬うー( 24 )

うーからのお詫び



年末年始の御問合せが滞りましたこと。
心からお詫び申し上げます。

2011年は、ビックウエーブがきました。
思い起こせば、初夢も昨年の東北大震災を思わせる津波の夢。
予言者でもあるかと思っておりましたが

襲われる夢でもその津波を超えて、沖を見ていた。私とうー。

沖とは真鶴海岸沖でした。

その後、一年前には考えに及ばなかった移転で
下町から鎌倉へ移り住んだときにも不思議感はありましたが。

まさか、うーの体調が悪くなるなんて、予想もしておりませんでした。

12月のクリスマス前にうーの体調の異変を気づき。
お正月明けまでに悪化。会陰ヘルニアが前立腺と合併症を起こし、
苦しい日々が続きました。

男の子で去勢手術しなかったことも原因らしく。

もはや、自然治癒は難しいと判断し、鎌倉市内の動物病院で
外科的治療を行い、お陰さまで順調に回復しています。

ご心配をおかけいたしました。皆さまへ心からのお詫びと感謝申し上げます。

今は、食欲旺盛で^^;
これまでのことを思えば、「どーぞ。お食べになって!」と言いたいところです。
しかしながら、太らせてはダメね。

今は、ペットのマクロビオティック食のレシピができそうです~。


今朝のうー
e0120131_13294536.jpg

by macorolovelove003 | 2012-01-26 13:41 | 愛犬うー

ヤーコンの葉の下で


どこにいるかと思えば。
畑のヤーコンの葉の下が
涼しくてお気に入りのうー
ひんやり気持ちいいようだ。

e0120131_9322120.jpg


あかんべー!

e0120131_9324250.jpg


恐ろしい顔だが。可愛い(笑
by macorolovelove003 | 2011-06-27 09:36 | 愛犬うー

愛犬のトラウマ

6月の上旬に引越しをした。

もちろん、吉方位移転になる。

しかし、数日前に問題がおきた。

新天地は、今までの場所とは全く環境が違う。
今後は賑やかな街だ。

我が家のうーは、ショッピングが大好きだ。
人間の子供さんならば、「あれ、ほしい~」
せがまれたりと、あるかもしれないが。
うーは、瞳をキラキラとさせながら、大型家電ストアやホームセンターも
主人の抱えるバックの中でショッピングを楽しむ。

そんな中、夜の散歩も
私も周囲の環境を知りたいために、長く。
あちこちと歩き、うーも昨年には信じられない足の回復を見せ、
楽しそうに歩いた。

帰宅すると子犬の時に怪我をした部分から、少し流血していた。
生まれて半年程度の時に、土手で走っていた時に小枝にひっかかり、
足の小指の爪を剥いでしまったのだ。
その時の事は、私も痛い思い出になっている。


『何か踏んだのかな?』と、思っていると。

うーが気がついたのだろう。
目の色が急に変わった。

あっという間に、楽しかったお散歩を忘れ、
トランス状態でその怪我に執着を始めて、休む間もなくなめ続ける。
ほとんどノイローゼ状態ではなかろうか?と、思えるほどだ。

ワンコには、方位は関係ないと思っていたけれど。
まさか?!凶作用なのか!
どうにも不安の状態が続き、方々で粗相をしている。


動物は、幼い頃に受けた影響を生涯忘れないというが。
全くそのとおり。

私も夜、眠れないほど。うーの緊張感が伝わってくるのだ。

どうしようかと。ホメオパシー治療を再び始めようか。
考えていたところ。

昨夜から落ち着き始め、
今日はリラックスしてくれている。
心配の必要はないようだ。

執着心は肺大腸に関係している。
うーの便秘は精神的ストレスからなることが多い。

環境の変化は人でも不安になるだろう。

もう少し、お留守番の時期を延ばすべきだったかと、反省だ。

心の問題は飼い主の責任。
うーのおかげでいつも幸せを感じているのだから。

ありがとうね。

はい。おやつ^^*
by macorolovelove003 | 2010-06-15 06:03 | 愛犬うー

うーの教え

うーは、犬であることは間違いないが。
いろいろな事を教えてくれる。

じゃがいもについて、書くことができるのも
うーのおかげかもしれない。

うーは大腸が弱い。
私が忙しくあまりかまってあげられないと、すぐに大腸を病む。

とくに便秘
そして、痔のような状態で苦しみ。私に当たる(笑

大腸は「悲しみの臓器」
孤独感や自己の居場所がないような喪失感を感じると悪くなる傾向がある臓器だ。

うーを診てるとなるほど・・・と、納得する。

悲しみの臓器は決断を鈍らせる。
迷いや立ち止まるような現象化だ。

人でもそのような方は身近にもいるが。

うーを散歩に連れ出そうとしても「決断のつなかい姿」を見せる。
後下がりしたり、ソッポをむいていじける。

下手に出て、抱っこして外へだすように、世話をやくと機嫌はすぐによくなり。

大きな便りを見せてくれるが。
それまではソコソコてこずることが多い。

悲しみの臓器の大腸が悪くなると怒りの臓器[肝臓」が弱り、
怒り、わめく姿は、本当に五行を感じる(笑

今日は穏やかな様子^^*
by macorolovelove003 | 2010-06-07 12:57 | 愛犬うー

ひさしぶりのうー

皆さん
こんにちはうーです。

昨年は急性ヘルニアの件で、ご心配をおかけいたしました
このように元気にしております。
e0120131_19284384.jpg


今日は、上野公園で
ヘルニアで車椅子を抱えたダックス犬に出会いました。

5歳で手術をしても治らなかったと話されていました。
胸が苦しくなりました。

今までのうーの経過を話し、
他の治療方法もある事を伝えてみました。

どうぞ、元気になりますように。

うーはかぶりものが大好きで、
ニットのソックスを顔にかぶると
デスマスク~といって、私を笑わせてくれますが、
このたびのレッグウォーマーは、
本人パリコレにでたように、気取っておりました。

いかがでしょうか(笑

e0120131_19305676.jpg

by macorolovelove003 | 2010-03-14 19:31 | 愛犬うー

1cmカプセル

ブログにもつづっていたけれど、うーは私によく噛みついた。
噛まれた傷がようやく完治。でも神経が傷ついてしまって、
右手の中指はよく動かない。

噛まれたことがトラウマになって、うーに距離ができてしまっていたけれど。

その後、うかい先生をご紹介され、
私もうーもどんどん仲良しになっている。

先週、自宅を引越し。ペットチャリが届くまで
バス通勤・・(笑 

うーを実家に預けて、びおらぶへ出勤している。

6キロの鉄アレイを持っているかのように、うーは重く。
歩いてくれたら、嬉しいけれど。
バスの乗り降りが人と同じようにできるわけではないので、
お気に入りのデニムのバックの中から、
私の腰骨あたりから、ひょっこり顔をだして、
バスの中ではおとなしく、道中、気持よさそうにしていて、
機嫌がいい(笑

「待っててね^^*」その言葉には、
必ず迎えに来てくれる。
うーの目は、いつも。私を見て訴える。
忠実な犬に対し、人としての自由であるがまま。
もしかしたら、私は身勝手な対応をしていたのだろうと、
治療とともに、わが身を振り返ってみた。

ホメオパシー治療を始めて、約一月。
難題をクリアするに時間がかかった。

それは1cmほどあるカプセルを飲ませることだ。
先生はお水に混ぜても・・・と言われたが。
どうやら、警戒心がついてきたせいか。
お水を飲まなくなってしまった。バレタかな・・・^^;

そう思い、他の液体のお薬と同じように、
小さなスポイトつき、ボトルにお水と一緒に溶いて
一口、一口と。与えてあげるようになった。

うーは、犬にしては珍しく。
歯ブラシや目薬などのお手入れが大好きだ。
そのせいか。
スポイトからでてくる液体は、「にがい」顔つきはしても
上手に飲み込んでくれて、安心して治療をクリア。

なかなか、上げ膳据え膳と、お殿様気分のようだ^^;
こんなように育てた自身の責任をもって、
しっかりと絆を深めたいと思っている(笑


来週から、治療第二弾。今度は粉末の薬だ~
これも同じように水溶きで与えるほか、ないだろうな(笑

それにしても、びっくりするほどの回復だ。

昨夜などは、部屋を走りまわっている。
寝ている姿など、お見せするにも恥ずかしいー
すごい姿勢だわん。

先生からのお電話に「治ってしまいました」(笑と、
つい^^;驚きのあまりにでてしまった言葉。

経過は順調なので、本当に嬉しい。

動物の医療にも自然治癒力の見直しを訴えたい。
マクロビオティック料理も兼ねて、
人と同じように、免疫力を考えてみると、
一般的なドックフード・薬などには注意を呼び掛けたい。

かつて、私もステロイド剤でカラダを悪くし、
今回もうーのヘルニア初期にいただいた、ステロイドで
免疫力が低下したように感じている。

うかい先生は、私とうーがよく似ている。と、話された。

ほんとうに。よく似ている。

今回の治療で少し便秘になると、うーも同じ。
回復してくる時期まで同じなのだ。

不思議~。

何か困ったことがあったら。
うかい先生を訪ねてほしい。

*うかい動物病院

http://www.ukai-hp.jp/index.html

by macorolovelove003 | 2009-07-31 15:22 | 愛犬うー

ホメオパシー治療

うーは、今年の3月に重度のヘルニアになり、
一時は、歩行困難になってしまった。けれども、
鍼治療の成果があり、お陰さまで今はふらふらと、歩けるようになった。

でも、カラダが思うようにならないストレスと
今の環境を受け入れないストレスも加わって、
時々、私に歯をむける(涙

どうしたものか?考えているところに。
易象の先生に獣医さんを紹介された。
電話での初めての会話に、親身にご相談をしていただき。
先生が、自然治癒力の方法で治療にあたっていると伺えて、

「毛髪とわんちゃんの写真」を送ってほしい。と、
長野の病院宛てに郵送をした。
その際に私の写真も同封して・・・。

愛犬と私のカラダがリンクしていること。
そして、今のうーの感情をズバリと、言い当てられ。
ビックリした。

ヘルニア以外にも多数のうーの不調が心配だと話される。
そして、私の体調も^^;
診断の結果、
遠隔治療という治療で、私もうーも先生にお世話になることにしたのだが。

本当に、うーの気持が理解できると
お互いの距離が以前と変化してきたのだ。

おまけに、先生の遠隔の治療が私とうーに伝わり。
不思議な現象を感じた。

夜中に先生からのエネルギーを受けた私は。
「あれ?いま治療中?」そんな気分になった。
先生の声がリアルに感じ、カラダが温まるようにエネルギーが
変わった。
すると、うーも私を見て。近寄ってきて。
その安ど感と癒されたような態度で寄り添ってくるのだ。

くるりんっと、お腹をだして、嬉しそうに横たわる。

今までに受けたことのない感覚は、
これからのホメオパシー治療の効果が
期待できると同時に、まだお会いした事のない獣医さんとの強い信頼を
感じるのは、何よりのご縁を感じた。

最近の私は、見えない力によって、本当に助けられている。

うーが少しでも元気になれるように、心から願って。
治療の効果をつづりたいと思う。
by macorolovelove003 | 2009-07-03 11:45 | 愛犬うー
ペットの鍼治療とは、あまり知られてはいない治療で、
私も生徒さんからの情報をもとに、千葉県船橋市坪井の
「坪井どうぶつ病院」の先生に巡りあいました。
昨年に開業された新しい病院で、先生はお若い男性です。

最初にお目にかかった際には、本当に優しくうーを向かいいれてくださり、
私も主人も肩の荷を降ろすような気持になり、
下町からは少し遠い通院にはなるけれど、「ここに通おう!」と決めたのです。
少しでも、自然に近い環境で気持ちよく通えるような気がして
ドライブ好きのうーも大喜び。
ハンドルを握ることができない症状は辛いけど。
窓を開けて、気持のよい風にあたりながら、ドライブを楽しんでいたようです。

犬のヘルニアは歩行困難になると前足だけで歩こうとします。
背骨に熱を持つことで、横になって休むこともできない状態にもなります。
夜中ずっと、座ったまま。苦しそうに舌をだしている姿は
本当に涙がでました。

最初はかかりつけの病院でいただいた、錠剤。
ステロイド剤を飲み、炎症を抑えることを進め、容姿をみるだけ。
一般的で、あまりに症状がひどい場合には、
外科的手術を受けることも多いようですが、完治は難しいようです。

私も主人も鍼治療を受けて症状が改善した経験があり、
今回のうーの鍼治療への不安は少なく、
「飼い主さんが鍼治療で治ってるとワンちゃんも治る可能性が高いんですよ」と、
先生は初診の時に言われました。

ここでも、「何事も信じる気持」
やはり、信念なのだと感じ。

10日間の間に4回通院。
今後は1週間に一度・・・そして、2週間。とだんだんと間と空ける治療になると
思います。

是非、ヘルニアや足が弱いというようなワンちゃんには鍼治療をお薦めしたいと思います*
そして、これからはうーにも自然療法を試みて行きたいと思っています。

坪井どうぶつ病院
千葉県船橋市坪井1392-3
047-404-5481

*HP
http://www.tsuboi-pc.com/index.php?FrontPage
e0120131_1018237.jpg
e0120131_10181155.jpg

by macorolovelove003 | 2009-03-30 10:44 | 愛犬うー

ご心配をおかけしました

このたびは、突然のお教室のキャンセルなど、
皆様には大変ご迷惑とご心配をおかけいたしました。
さまざまは応援とご心配や励ましのお言葉をいただきました事、
お礼申し上げます。

お陰様で、うーは、鍼治療の経過がよく、
だんだんと歩けるようになり、本当に元気になってまいりました。

昨日の鍼治療では、すごい回復力だと褒められましたが^^;
元気になると動きたがるので、絶対に安静な環境を整えるほうに
今度は、一苦労です。
しかしながら、私も看病の成果があったかと、嬉しく思い。
本日から、業務に戻りました。

4月からのお教室は、予定通りに開催させていただきますので、
今度とも宜しくお願いいたします^^!
by macorolovelove003 | 2009-03-30 10:08 | 愛犬うー
先週末から急に元気がなくなった、我が家の人気者愛犬のうー。
日曜日の都民の森へもドライブもいつも朝から大はしゃぎするのに。
今回ばかりは身動きも無く、背中を向けて物思いにふけっている。
「どうしたの?」と尋ねてみても返事がない。
(あるはずないと思うでしょうが、うちのうーは返事をするのです)
気になりながら、ドライヴへ。
ハンドルもあまりにぎってくれない・・・あれ~(涙

でも、だんだんに車の窓をあけ、風にあたっていると
ライダー意識が高まったのか?元気ができてきたように思えた。
私と夫がおにぎりを取り出すと、さっと座席の下に座って私にねだる。
お腹はすいてるんだ~。でも、朝ごはんしっかり食べてきたよね?と、うーには
一切れのおやつだけ。
昨年のヘルニアになってから、食事を気をつけてカレをスマートにさせようと必死に食事のメニューを考えている訳だから。

山道も少し、足が辛そうなので傾斜のある所はリュックへ入れての登山。
気持ちよさそうではあるが、普段と違うようだった・・
翌日心配なので、病院へ・・・
血液検査をしていただいた。足の返りは悪くないようで腰ではないのでは?と院長先生。
とても信頼のおける女医さんだ!
結果・・・
[犬には考えられないコレステロール値が低い・・・」
「え?うちの子は菜食なんです。煮たお野菜に馬肉を入れて玄米のお粥をかけていますが、
不足なのでしょうか?ダイエットしたいのでお肉を減らしています。」
「あ~それでかな。でも、犬は食べられる野菜が少ないので菜食もいいけどお肉もね。」
「私が菜食なので。」「なるほど・・・」
「ま。ダイエットは大切。もう少しは痩せないと。」

無理なダイエットはよくないと話している中、飼い犬の体調は栄養失調?!
思えば、私も30キロダイエットのさなか、コレステロールが低いと診断された記憶がある。
「あの時と同じなの~!だから、フラフラなんだ!」

愛犬に餌を与えたいない分けはない。
犬は菜食ではいけないようだ。
その後、少し馬肉を増やしてあげた。じゃがいもやさつまいもを入れても満たされるだろう。
でもね・・・
もう少し、がんばって痩せないと腰に負担がかかるのよ^^;
がんばれ。うー。
by macorolovelove003 | 2008-04-08 11:17 | 愛犬うー