マクロビオティックで自己探求の旅


by macorolovelove003

<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

行楽弁当

e0120131_13534178.jpg


e0120131_13543029.jpg



by macorolovelove003 | 2007-03-29 13:52 | 料理のご紹介

春分に土鍋

春分には、昼間と夜が同じ時間ぐらいになる。
今まで寒い冬であっても、だんだんに日が長くなって、
そろそろ春だと知らせてくれる。3月21日頃。

春が近いといっても、まだ寒さは感じるこの季節。
越した古屋の掃除をせっせと二人で。

1階がガレージなので、コンクリート。
その置くにお風呂場・・・。
服の脱ぎ着がほんとうにつらい~。

お風呂のお湯って。何度に入れたかな?
マンションの時は43℃で十分だったはず。
でも、
今は・・・48℃ー!
でも、沸かしなおしができないお風呂はそれでいいみたい。

なんとなく、静かで落ち着く我が家。
戸建の面白さは、私よりも夫。

帰宅時間が早まり、あちこちの手入れ。
楽しそう!

数日前に。
お教室へお鍋など全部、持っていってしまって。
家では土鍋で調理しようと決めた。

炒めるも煮るのも炊くのも土鍋^^;
でも・・・
心なしか?性格が変わったように感じる。
どっしり~(笑
それより、カラダが温かい。
この道具はとっても使い易く、
もう少し様子を見て、お教室でも使いたい。

春分にかしこい鍋で玄米粥~♪
唄にはならないか・・(笑

これからのこと、辛抱強く。
粘り強く。

マクロ的処方は、まず道具から。
by macorolovelove003 | 2007-03-22 19:07 | マクロビyinyang九☆学

びおらぶ

マクロビオティックの料理教室。
浅草観音裏の下町のお教室です。

マクロのおもてなし料理教室。
食と易のつながりを結ぶ料理教室。
心とカラダを結ぶ料理教室。
マクロと関連のあることとコラボレートしながら勉強できる教室。
今まで習ったマクロを、復習できる料理教室。
マクロのことを仕事にしたいと思っている人の料理教室。
マクロを自分で教えたいと思っている人の料理教室。

そして、自分自身のマクロを見つける料理教室。
自身のエネルギーを知るお教室。

マクロビ添菜。
マクロのおかず。
料理のほかにも、気持ちを添えること。

マクロの「わ」が広がる料理教室を開いた。

びおらびへ来てくださる方々が主役になれるように、
私自身が
日々、精進しながら料理を「作る心」を勉強したい。

お教室で
お目にかかれますことを楽しみにしています。

e0120131_21193725.jpg

by macorolovelove003 | 2007-03-18 16:05 | びおらぶのご紹介

はじめまして

はじめまして

マクロビオティックの食事と
陰陽五行を通じて、心とからだのヒーリングさろんを主宰しています。
湘南の海の近くでひっそりと
ご自身の自己探求をご一緒に探ってみませんか。

人生は癒しへの旅。

陰陽五行を通じて、自己を知ることで
受容性と他動性に気づきます。

自分自身を深く知ることは、他者との関わりを
大きく成長させることにもつながります。
また、ご自身の客観的に見ることにもつながります。

秘められた貴女の才能を是非、
掘り起こしていただきたいと願っています。

皆さまの歩いてきた道。
そして、これから歩く希望への道。

起動修正をするように【スピリチャルチャレンジ】を
してみませんか?


ブログでは、
散歩の途中で思い描いた感覚を綴らせていただきます。
by macorolovelove003 | 2007-03-18 15:39 | はじめまして

はじめまして

みなさん。

はじめまして~。
kerossoです。

夫と二人ぐらしで、マクロビオティックの食生活をして数年。
本当に体調や物事の考え方。
人付き合いも変わったな~と、思えるこの頃です。

マクロに出会えて、いろんな方に出会えた。
本当にみんな優しくて、気持ちのいい方ばかり・・・。
「ありがとう」と感謝しつつ・・・

もっと、広げたいマクロビの「わ」
そんな気持ちをブログにできたら、嬉しいです。
by macorolovelove003 | 2007-03-18 00:33

啓蟄の候

啓蟄(けいちつ)
もぐらが土の中から這い出す時期。そんな意味。
3月5日。

立春前に夫が「引っ越そう」と言い出した。
マクロビオティック料理教室を作ることを進めてくれたのだ。

数ヶ月前から、何かを伝えたい!そう考えていたものの。
行き成りの夫の言葉に背中を押された気持ちがした。

立春明けに取り掛かったリフォームが完成し、
ひな祭りの日に引越し。
啓蟄の時期は、私の心の現われのようであった。

これから、どうなるか?わからないけど。
がんばろう!真心をこめて。
そう、言って。

夫はお教室のワックス。障子の張替え。
窓拭き。
いろいろな、裏方をなにげなくサポートしてくれた。
仕事も夜遅くまで、それなのに
帰り道によって掃除。

私には足りないところがいっぱい。
一人で何かができるなんて思えない。
でも、
笑顔が満ちるお教室を作る修行はこれからだ。
そう感じた。

夫くん。ありがとう!
回りの人、すべてに感謝!

がんばるぞ~!
by macorolovelove003 | 2007-03-06 18:52 | マクロビyinyang九☆学

引越しおめでとう!弁当



e0120131_13593051.jpg




e0120131_141969.jpg

by macorolovelove003 | 2007-03-04 13:57 | 料理のご紹介