マクロビオティックで自己探求の旅


by macorolovelove003

<   2007年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アーユルヴェーダとは?

アーユルヴェーダの語源は、アーユスとヴェーダという二つのサンスクリット語の語源です。
アーユスは、生命。
ヴェーダは科学と訳されています。

アーユルヴェーダの哲学から、体質チェックでご自身がどの体質なのか?
調べてみてはいかがでしょうか?


セラピストのご紹介

ケララ州認定

vadiya ayurvedic association資格修得
UTL認定 yogaマスターコース修了

90年初め、旅の途中に負った怪我の治療のために西インドの病院で初めて、アーユルヴェーダに出会う。
その後、過度のストレスにより心身のバランスを崩し、導かれるように再びインドへ渡り、アーユルヴェーダの集中治療を受け、効果の高さを実感し、南インド・ケララ州にてアーユルヴェーダの理論・手法を学び、現在、原宿でアーユルヴェーダサロン「yuji」を経営。

小柄な美しい方です^^
アーユルヴェーダワークショップ


内容    アーユルヴェーダの哲学から体質チェック
       (いくつかの項目から、ご自身を割り出して体質をみます)
 
       毎日行える!頭と足と耳のマッサージ

       3つのチャクラについて

日時    9月11日(火) 12時ー15時

       9月29日(土) 12時ー15時

       両日、食後にワークショップを開催したします。
      (ワンプレートの洒落たマクロビ添菜数点盛と味噌汁・デザートつき)


定員    6名

受講料   6500円


◇10時~ 90分(15000円のアヴィヤンガ) ご希望の方。1名様限定で施術が受けら            れます。
お申込方法


タイトルに受講する講座名をご記入の上、ご希望の日時を記載していただき、
お名前・ご住所・電話番号(連絡のとれやすい)・生年月日をご記入の上、
biolovemail0138@yahoo.co.jpまで
お申込くださいませ。
折り返し詳細をご連絡させていただきます。

皆さまのご参加を心よりお持ちしております。

下記ブログでもご紹介されています。

http://laximi.vox.com/library/posts/2007/07/
by macorolovelove003 | 2007-08-30 16:04 | 陰陽五行のお教室

先日ブログでも記載させていただいた、ヨガとマクロビオティックのコラボレーションが決まりました。


◇日程   9月1日(土)11時ー13時30分

◇場所   びおらぶ

◇内容    陰ヨガ(経絡・体調を考えたヨガ)
     
         ヨガを行ってから、マクロビオティック料理の食事

メニュー  炒り豆腐とニンジンと玄米の炊きこみご飯
         ごぼうとちんげん菜とパプリカのサラダ
         ゴーヤと根菜のグラタン
         もちきびと冬瓜の煮物
         さといものサラダ
         甘い野菜の味噌スープ
         かぼちゃのパンナコッタ(小豆ソース)


*自然のものを扱っております。野菜の変動でメニューが変わることもございま          すのでご了承くださいませ。
         

◇受講料  6500円


◇持ち物   動きやすい服装


◇申込方法


タイトルに受講する講座名をご記入の上、ご希望の日時を記載していただき、
お名前・ご住所・電話番号(連絡のとれやすい)・生年月日をご記入の上、
biolovemail0138@yahoo.co.jpまで
お申込くださいませ。
折り返し詳細をご連絡させていただきます。

皆さまのご参加を心よりお持ちしております。


Yoga-Suru?Yukiの経歴

Davud Swenson Ashtanga Yoga Primary Series TTC 終了。
芸術工学修士。
神戸出身。都内で活躍するフリーのヨガインストラクター。Yoga-Suru?主宰。
ハタヨガ、アシュタンガ、ビンヤサ、パワーヨガ、後、バレエストレッチ等を指導。
これまでの自身のヨガ経験でだけでなく、大人になってダンスを初めたときの
体づくりの試行錯誤の経験をもとに、ヨガクラスのプログラムを作成。
現在もヨガ、ボディーワーク系のワークショップに参加、勉強を続ける。
「人間って何?」「生きる目的って?」が終生のテーマのおひつじ座。
ヨガ、マクロビオテックを実践しつつ、哲学、心理学、占星術をあわせながら、
人間のココロと体について思索中。


Yukiのブログ:http://blog.livedoor.jp/yoga_suru/
by macorolovelove003 | 2007-08-30 16:04 | 陰陽五行のお教室

お買い物バック購入~

この夏は暑かった・・・
お野菜たちも持ち帰るときには、ぐったり~

なんとか新鮮な状態で持ち帰れないかな・・・と。考えていたところに
みーっけ!
かわいいっ!お買い物バック。

夏の終わりだけど、購入してしまった!

これで、お豆腐も青菜もぜ~んぶ、安心!

ただ・・・手が重いんだけど(笑^^v





e0120131_18433480.jpg

by macorolovelove003 | 2007-08-29 18:43 | 心の声と繋がって

消費エネルギー量

食べ過ぎには、気をつけようと思いはしても、
なかなか・・・
一日を振り返ってみると、思った以上に食べていることが多いことに驚く。

雑誌を見て、10分間の運動や動作による消費エネルギー量を参考にしてみると・・・
(テイクアウトのカロリーブック表参照)

ウォーキング・・・・40カロリー

階段上り・・・・・・・・53カロリー

自転車・・・・・・・・・・40カロリー

掃除機・・・・・・・・・・20カロリー

草むしり・・・・・・・・・22カロリー

入浴・・・・・・・・・・・・28カロリー

これを見ると掃除も真面目に行うとシェープアップになるわけだ!

うちの母は、建物も最上階5階に住んでいて。
エレベーターがない。
日々、自転車であちこち動いている。
掃除は建物の中を階段下りたり、上ったり。
洗濯は屋上に洗濯機があって、水の出が悪く。
洗い・・・階段。すすぎ・・・階段・・・脱水・・・階段・・・干す・・・階段・・・・取り込む・・・階段を
毎日繰り返す。
草むしりではないが、部屋の周りがベランダで草木の手入れをしている。
入浴ももちろんかさずに過ごす。

あの年齢であれだけ、元気?
なぜだろう?と、考えることがあるけれど・・・。

なんだか、納得。
母の元気の源は・・・動くことだろう。

食事と運動のバランス、チャックしてみないと!
by macorolovelove003 | 2007-08-23 11:36 | 体質と体調

水蕎麦

今日も暑い!

今年は残暑が厳しいようだ。
今日のお昼は、冷汁をいただいた・・・
オクラとモロヘイヤとタマネギの白味噌仕立て。
ひんやりとおいしかった。

ひんやりと言えば・・・
福島でいただいた「水蕎麦」のこと。
かけ蕎麦ならぬ水蕎麦だ。

e0120131_1919207.jpg


マクロビオティックの生活をしていると、蕎麦屋さんのだしにこまる時がある。
その心配もなく注文ができると軽々しく頼んでみたが・・・・

お椀に冷たくておいしい水・・・中においしい蕎麦がだされる。
喉越しがよく、ツルツルっと・・・カラダに入る。
純粋に蕎麦の味を味わえたこともめずらしい。

まいう~!本当においしかった^^


残念だが、東京は水がおいしくない。
おいしい蕎麦がいただけたとしても、
自然の水というものは、ほとんど飲めないだろうな。
by macorolovelove003 | 2007-08-22 15:22 | 心の声と繋がって

葉月の野菜寿司御膳

茶巾寿司

板麩ロール磯風味
蒸しかぼちゃと蒸しニンジン
あらめ春雨
冬瓜とシソなます
キビ団子のじゅんさい味噌汁

黒胡麻プリン


e0120131_19443590.jpg

by macorolovelove003 | 2007-08-21 19:48 | 料理のご紹介

参勤交代・・・大内宿

キャンプも5日目。
晴天は嬉しいが猛暑・・・
e0120131_16303034.jpg


昨日の磐梯山登山で夫はお疲れ。
私?
案外、足の疲労が少なく快調であった。


福島でも那須に近い芦ノ牧温泉近くに足湯を目指す。

無料でお試しできる足湯は、60度の源泉が湧き出ている。
膝下までつかれるように、ベンチが用意されていて、
熱いが気持ちいい^
ふくらはぎは、「膀胱」
暑さで冷たいものをいたfだきすぎて、
冷えた「腎」も温めてくれたようだ。

足湯のある芦ノ牧温泉から車で15分。
会津鉄道の次の駅。湯野上温泉近くの大内宿に寄る。

参勤交代や大名行列でにぎわった茅葺屋根の宿場町の再現である
大内宿を散策した。

タイムスリップとは、こんな気持ち?
地元の食材を使った食事処や民宿になっている茅葺屋根は、
風情ある場所だ。

会津鉄道 湯野上温泉駅から徒歩15分
by macorolovelove003 | 2007-08-16 19:59 | 愛犬うー

うーと会津磐梯山登山

晴天に恵まれたキャンプ4日目
早朝から、1819mだったかな?
会津磐梯山へ登山しようと決めていた。

夫と二人で、まずは虫対策^^;
うーはリュックの中に入れて、夫が登る。
e0120131_16192683.jpg


うーは体重5.6キロ。ペットボトル2リットルのお水を入れての登山はきついだろう。
でも、うーといつも一緒。
がんばるぞー!

私も虚弱体質。
夫も昨年の急病の後。
二人とも不安を抱えての登山だが、八方台から山頂入口になっていて、
山頂まで2時間ぐらいだと聞いた・・・・トライ。
e0120131_16201476.jpg


足を踏み入れるとすぐにひんやりと森の香りがカラダをつつむ。
気持ちいい♪
森林と鳥のさえずりが目と耳。鼻を癒す。

だんだんと斜面が急になるにつれ、足と息がきつくなる(笑

裏磐梯からの道との分岐点につく頃、
本当にきつい!

ここから「弘法清水」まで1.6キロ。
およそ1時間ぐらいだろう・・・
斜面がきつく、うーも斜めに傾き、きつそう?←夫が(笑

うーは、気分よさそうに山頂を意識しているようだ。
カレは登山が本当に好き。
少し、おろしてあげると走って登る。

弘法清水のおいしく冷たい水。
そして、裏磐梯に広がる五色沼や湖。
雲がない晴天に感謝しながら、休憩。
0.5キロの山頂までがんばった・・・。

山頂はあいにく雲がかかっていた・・そう思ったとたんに。
ウソのように雲が切れ、猪苗代湖一帯がきれに一望できた。

e0120131_1621694.jpg


足の疲れも忘れ、おにぎりの休憩。

登山は素晴らしい勇気を与えたくれたように思えた。

夫の足の回復と私の体力アップを夫婦で喜ぶ^^
うーも山頂で喜ぶ。崖の端までいって、見下ろした姿は面白く。
再び、次の百名山の話に加わっているように思えた。


e0120131_16214465.jpg

キャンプと登山。今後はセットになりそうだ。
by macorolovelove003 | 2007-08-16 18:24 | 愛犬うー
キャンプ3日目
裏磐梯の五色沼にトレッキング。

うーもがんばって、トレッキング(笑

日差しの強くなる前に7時には到着。
しかし、沼の辺りは森林でひんやりと涼しい。

五色沼入口から
毘沙門沼・赤沼・みどろ沼・竜沼・青沼・るり沼・柳沼と続く。

毘沙門沼の美しいスカイブルーにため息がもれるほど。
それそれの季節や日差しによって、色が変化するそうだ。

e0120131_1616723.jpg


片道1時間半ぐらいだろうか・・・磐梯高原まで続く山道だ。

うーもがんばって、トレッキング(笑

途中の小川でカラダを冷やす。
うっとりと気持ちよさそう。
わりに愛犬を連れての方が多く、
ワンちゃん同士の挨拶(笑・・・森中に響きわたる。

特に、うーはにぎやかで。
お恥ずかしい^^;

e0120131_1617447.jpg


「五色沼自然探勝路」
山登りの苦手な方もワンちゃんも(笑

e0120131_16173420.jpg

お勧めのトレッキングコースだ。
by macorolovelove003 | 2007-08-16 18:10 | 愛犬うー

かげろう

キャンプ2日目の夜。

すごい数の昆虫がランタンに群がる。

湖は夜は涼しく、虫もすくなく。
星空はきれいで、ひんやり風が吹き、過ごしやし状況下。
突然の群がりであった。

その昆虫は、白く。
魚にすると「トビウオ」によく似ていた。

夫が「かげろう」だ!
昆虫をそう呼んだ。

命が短く、交尾に成功すると死んでしまう。
珍しい昆虫だと教えてくれた。

テントの中から観察・・・。
翌日は現れなかった。

なんだか、寂しく思えた夜。
流星群はきれいに輝きを増していた。


◇かげろうについてのご紹介されている方の記事

http://apap.co4.jp/modules/pukiwiki/258.html

http://www.geocities.jp/michiocolumn/dayfly.htm

by macorolovelove003 | 2007-08-16 18:07