マクロビオティックで自己探求の旅


by macorolovelove003

<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

隅田川花火ビュッフェ

◇隅田川花火ビュッフェ
8月27日(土) 18時30分~21時30分
参加費 5,000円

定員数 12名

今年の隅田川花火は、スカイツリーを横に、
美しく見れると思います。

鎌倉と三浦のお野菜でイタリアンビュッフェを予定しています。
是非、いらしてくださいませ。

ご希望の方に、易占・方位などワンポイントのご相談に応対させていただきます!
来年からの開運法もご相談くださいませ。

また、耳ツボ施術のMさんに、ご希望の方は、お試し体験できますので、
是非、耳ツボダイエットも体験されてください!
詳細は、お問合せくださいませ。

初めての方も大歓迎です!

◇お申込先
biolove.info☆gmail.com
☆を@にご変更して、お申込くださいませ。
お申込を心よりお待ちいたしております。
by macorolovelove003 | 2011-08-08 13:37 | 陰陽五行のお教室

この瞬間に


座り、目覚めが起きたとき。

終わりではなく、
再び始まる。

人は、ぼんやりとしていて、
自らを見失って、また、新しさに気づく。

闇と光りが交じり合っているような日々を過ごす。
陰陽を繰り返すように。

どれほど
魂が繰返し宿ったのだろうか

瞼の中に姿をあらわす婆さまに
妙に、親しく思え
自らを投影してしまっていたような

瞬間に
別の生への扉が開く


興味が洪水のように押し寄せてくる。
知りたい気持ちは、二番目の自身?三番目の自身?

深く入って行かなければ、
新しい扉にはたどり着かない。

解決は、新しい扉の向こうにあるのだろうか。

また、再び。心の源へ探求が続く。

今世は、難儀。
いくつもの生にこたえを見つけようと
果てしなく、繰り返す。

その源は、自らの中にあることを知るために。
by macorolovelove003 | 2011-08-08 12:56 | 心の声と繋がって

冷たい炎


暑いのに、冷たい気を感じる。

自分自身のからの涼風が吹く。

希望や選択などとは違って、
そのままを感じ、

溶けるように

吸収するように、

解放されていくように。

目覚めが起きる。

いつでも、心は賢明でなくていい。

どうであろうとしなくてもいい。

これでいい。と、素直に感じること。


思わず、今までの若い自身に笑いがでる。

どうして、気づかなかったのか?と、
自らにたずねても
何に気づいたのかもこたえられない。
そんな、目覚めが大切。

立ち上った自らの冷たい炎は、情熱と呼べるだろうか。

ひたすら、美しく、透明で
活き活きとしている。

目覚めるときは、冷たい炎が身体をおおうように
そしてまた、

内側から、新しい自身がのぞく。
by macorolovelove003 | 2011-08-08 12:31 | 心の声と繋がって

座ること



頭だけで考えない。

動かずに動くこと。

ただ、座って、
自分自身の中に入る。


運勢の動向は、いいときばかりではない。
動いても
その流れに逆らっていたとしら、

思うようには進まない。

そんなときは、
「座る」

座って、内側の自分自身を感じてみる。

座ったままでも
本当の気持ちや能力に気づけるだろう。

ふっとつぶやいた言葉には、深い意味があるかもしれない。

心の源に制限をかけずに
自分自身の心に従ってみるといい

本当の意味の休める場所を見つけること

今日は、座ってみるといい。
by macorolovelove003 | 2011-08-08 12:15 | 心の声と繋がって

日々の調理は心のしるべ


毎日の気持ちにリンクし、
食材を手にし、料理する。

私自身へのヒーリング。

春は、心を軽くしたく、
あまり火を加えないものや
オリーブオイルを好み、
イタリアン料理風な仕上げを好んだ。

闇を恐れたせいか、
市販品のパンやたい焼きを手にし、
安心感を得ていたのだろうか。

ある日、
十分な気持ちが自然に起きた。


心の広がりが得られたのか。

再び、座れるようになった。


座れるようになったら、
内側から、突き破るように
新しい気持ちが芽生えた。

そして、また。
新たな志を思いつつある。


毎日の糠漬けが美味しく、
その漬ける塩梅も好みも日々で変わる。

今日の好みと漬かり具合が合うといい。

そして、
今日は、半日かけて、ラオスの昆布を佃煮にする。

仕上がりを大いに期待する。

まずは、母へのお見舞いにしよう!
母は喜昆布かな?(笑
by macorolovelove003 | 2011-08-08 12:01 | 体質と体調

陰陽はとまらない


経験は頭で考えるものでもない。

やれると思うと
実現は全く違うこと。

むしろ、やれた自身になることは、

実現したこと。
過去形に近い進行形なのかもしれない。


人の行いは、矛盾であることは普通だろう。
そこに謎があるからで、

答えが見つからないから
答えをだそうとするようなもの。

好きな人と居たいから過ごす。
理由など解らなくても
そう言えることが大切。

その先にどんな波が押し寄せようと
いつでも備えているといい

ただ、言えること

その波を越えることは自分自身であること。
だから、
逃げずに、決めることが大切。

決めることで「動く」

座っていても「動かせる」

決められなければ、到底。
その大波を越えることなどできはしない。

もっと知りたいと思うから
そこに留まることを選択する

いつでも
動きだせるように


陰陽のバランスは、
考えは動かなければ、成就できないことも説いている。

その思いをもっと深めることは、
行動なくは、始まらない。

そして、五行は循環を意味する。
心にも季節があり、人の中にも万物が生育しているのだから。

人は、毎日を育んで生きる。
by macorolovelove003 | 2011-08-08 09:57 | 陰陽五行

自身の中に入るときの鍵、

その鍵が見当たらないと
その先の扉は開かない。

その先の自分自身の方向性は見いだせない。


今やりたいことと
成りたい自身が同じだとは限らない。


その先の扉への鍵は、
今を手放すことから始まるように思う。


まして、
自分自身の定めが見いだせないのに、
他の人など、変えることなど、難しい。


自身の大切なものと
他の人の大切さなものは違っていて当たりまえ。

自らの不要なものは、
他の人の不要なものとは違うこと

そこに気づかないうちには、
先への扉の「鍵」は見つからない。

職業とライフワークは違っていても
自身はひとつであって、問題ない。

やりたいことは、チャレンジすればいい。
暮らしのためでもなく、
ただ、好きなようにチャレンジすればいい。


大いに楽しみ、自身を開放することで、
その先の扉の鍵を手にして、

次へのステージをチャレンジしてみよう。
by macorolovelove003 | 2011-08-05 14:09 | 心の声と繋がって

光りの中へ


夏は火の気で満ちる。
火の気は、心を支配する。

心は、感情として表れる。
そして、血脈としても体内を巡る。

心は、熱を持つ。
身体にも情としても熱を持つ。

そして、火と水のバランス。
陰陽のバランスを最も大切にして過ごす。

陰陽が和合し、四季に調和してこそ、
その魂に心地よさが巡らされるのだと思う。

でも、もし。
情熱が冬のまま、夏を迎えたら。
どうなるのだろう?

火は、水に消されてしまう。
体温も情熱も

水の力だけでは、バランスが保てはしない。

魂は、神に宿るとも言われる。
もし、そうならば。

消えた魂は、神になり、
人々の心に永遠に、教えと志を見せ続けるのではないだろうか。

消えた魂は、「光」になり、
明るく照らし続け、人々に光明精神を教え続けてくれるであろう。


光りは、いつでも暖かみを保ち。
明るく、人々を照らし

多くの人に
その教えを永遠に教えてくれるのだろう。
by macorolovelove003 | 2011-08-05 13:43 | 心の声と繋がって

暑さをしのぐプレート

夏は塩気が必要な季節。

暑さで身体は陰性な食べものを必要とする。
よい塩梅を取り入れたい。

保存食を上手に作りたい。

ご飯は、枝豆入りで。

ピーマンも味噌と
蕪・人参・きゅうりは糠漬けに。

茄子やゴーヤ・ズッキーニなど。
胡麻と一緒にナムル風もいい。

葉のものは、胡麻和えなどで。

e0120131_1822519.jpg

by macorolovelove003 | 2011-08-02 18:06 | 体質と体調

ラタトユ



お店をするときは、
これを出すだろうと思う一品。

夏になると作る「びおらぶラタトユ」
とっても嬉しいことに、ご好評をいただく。

今回はホットで。

トマト味って、好きな方多いのかな。
私も大好きです。隠し味が効いているのかも。

e0120131_18101945.jpg

by macorolovelove003 | 2011-08-02 18:00 | 料理のご紹介