マクロビオティックで自己探求の旅


by macorolovelove003

マクロビオティックはプラスの食事法


マクロビオティックは食べてはいけないものばかりで、マイナスな食事。
そして、元気のない人が多いように見受けられる・・・
どんどん痩せていく・・・最近のご質問で。

私が思うマクロビオティックはプラスの食事法です。
カラダによい食べ物をいただき、自己免疫力をアップさせる。
食物の力でカラダの根っこの部分をよくするというとってもプラスの食事法だと考える。
けれども・・・
マクロビオティックを始めるにあたって、その人それぞれの出会い方がある。
例えば・・・
アレルギーなどで自身のカラダに反応のでてしまう食べ物は食べられない。
その食物が卵や乳製品であって、マクロビオティックの食事法には使わない食材として共通であるという認識で始めてみると、
マクロビオティックはマイナスの食事法と考えてしまうだろう。

同じ食物とっていても
認識の違いは食物のカラダへの影響への違いは大きいと思う。
また、食物とカラダとの関係など難しく、陰陽五行など頭に入らない。
イメージ的なバランスの低下もあるように感じる。
食事の違いで社会との調和が取りにくく、家族に理解が得られない。
それもわからなくはない?

「なぜ、お肉は食べられないのか?」と聞かれたり。
「何でも食べなさい」と注意もされる。
それも理解のできるマイナス要因だ。

いただいて悪い物はない。
「何でも食べて」といわれて、自身の食事の癖のようなものを知ってみるといい。
結局のところ・・・
甘いものの食べすぎは陰性に偏るから、陽性のものである「お肉」をとったほうがよいのだ。
というような・・・
言い分が発見できるであろう。

自身のマクロビオティックが見つけられたとして、それがよいバランスになるのなら。
私はそれはとてもいい事に思う。
「調和」『排泄』がきちんととれていれば、カラダの不快な部分は消されるであろうし。
自身のマクロビオティックの気づきに思う。

言い訳ではなく、言い分。
この違いを踏まえて、マクロビオティックと自身の関係を考えてみると、
とてもプラスな食事法になると思う。

これから秋の排泄・・・
貴女の夏の暮らしはいかがでしたか?
体調に現われた結果は、滞りや偏りを表現しているようなら、
免疫力を高めるシンプルな食事に調えて、健康なカラダで過ごしていただきたい。

そして。自然の力でアレルギーも消えていく事を願って。
プラスの意識を持つことがとっても大切に思う。
by macorolovelove003 | 2008-09-04 14:34 | 体質と体調